今の日本を救うカンボジア実習生

  • カンボジア人の研修生は熱心で真面目な人が多い

    • カンボジアは発展目覚ましい東南アジア諸国の中において、比較的経済発展が遅れている農業主体の国です。

      カンボジアの研修生の情報を探すならこちらです。

      近隣のタイヤマレーシア、ベトナムなどが高度経済成長によって工業化の進展と国民所得の増加を見せている中、カンボジアは過去の独裁政治の影響もあり、貧しい状態が続いています。しかしその国民性は勤勉で熱心であり、意欲の高い人が多いという特徴があります。



      そのためにカンボジア出身の研修生を受け入れている工場や企業なども増えてきています。日本との経済状況の違いから、研修生に支払う給与水準であっても、カンボジア国内ではかなり高給となりますので、研修生の多くはたいへん熱心に働き、そして母国へ戻り技術を継承するために活躍してくれることが見込まれています。



      教育水準は良好な国ですので、モラルや一般的な常識なども十分に身につけている人が多数であり、受け入れ先においても不安感はないものと考えて良いでしょう。

      日本の技術の優位性は世界の中でも上位に位置しているという認識は、東南アジア諸国において強く、日本で働くということは当該諸国においても一種のステータスとして考えられています。

      エリートの進む道として日本での研修を熱心にこなしてくれることが大いに期待できます。
      カンボジア人の研修生を斡旋するサイトなどを活用し、人手不足に対応できる即戦力となる人材を確保することをお勧めします。

      お互いの国の懸け橋となる、より良い交流も期待できるでしょう。