今の日本を救うカンボジア実習生

  • カンボジアの実習生を呼ぶ

    • カンボジアの実習生を受け入れると、これまで言われてきた人材不足を解消することにつながります。

      もちろん、日本語を話せる実習生がいいでしょう。
      コミュニケーションの基本となる日本語を話せることが大前提となります。

      カンボジアの実習生に関してとにかく簡単に調べられます。

      非常に真面目に働いてくれますので、研修を通じてどのような仕事になるのかを教えてあげるといいでしょう。

      こういった時に日本語が話せないとコミュニケーションを取ることができません。
      文章を書くことができるスキルも大切です、仕事の種類にもよりますが、話す能力の他に読み書きができることも重要です。

      カンボジアの実習生なら誰でもいいというわけではありません。



      しっかりと面接を行ったうえで見極めるとよいでしょう。また、カンボジアの実習生を受け入れることがゴールではなくスタートであるという認識を持ちましょう。日本の文化をしっかりと把握していない可能性もあり、風土に慣れさせてあげることも大切なのです。

      時間がかかることもあるかもしれませんが、根気よくコミュニケーションを取っていきましょう。

      勤勉な人ばかりですので、きっと一生懸命に働いてくれます。

      あとは、受け入れる側の体制次第でしょう。経営者が実習生の受け入れに熱心であったとしても、現場の社員が受け入れてくれないのでは意味がありません。

      社内でしっかりと意思統一をはかり、気持ちよく働ける環境をつくってあげてください。

      ひいては、その準備が会社のためにもなります。