バルコニータイルの選び方

バルコニータイルがあると見た目にもお洒落なので自分の住んでいるマンションでもやってみたいと一度は考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

見た目にも素敵なだけでなく、色々な機能がありますので、自分の家のバルコニーにはどのような材質のものが良いのかもあわせて検討することをお勧めします。

まず、DYIで自分でやってみたいと思ったとしても、外に面しているバルコニーですから強風などでタイルが飛んでしまう危険がありますので、施工会社に見積もりをとって施工してもらったほうが良いでしょう。


特に高層階に住んでいる人は必須です。


マンションなどに必ずある避難ハッチにはタイルは施工することができませんので、綺麗に形を合わせてもらうためにはプロの力を借りたほうが良さそうです。
念のためマンションの規約や管理組合にもバルコニータイルを施工してもよいか確認のうえ、とりかかりましょう。



バルコニータイルの選び方ですが、材質は主に磁器質タイルや木材などです。



自分の家のバルコニーの形状や日当たり、室内の色合いの中から合うものを選ぶと良いでしょう。

西日が強く夏の日差しが直撃してしまうようなバルコニーは日照りを抑える素材のものを使ったり、雨が降っても渇きが早いもの、樹脂の下敷きが入っているのでバルコニーで作業をするときも足元がやわらかいものもあります。
また、室内のフローリングの色合いにあわせることによって部屋が広く見える効果も期待できます。



top