今の日本を救うカンボジア実習生

  • カンボジアの研修生を受け入れる際の注意点

    • 日本でカンボジアの研修生を雇用する場合、大きく分けて2つの種類があります。
      まず1つ目は、海外の工科大学や文系大学の日本語学科を卒業した人が、日本の就労ビザを取得して日本で働く方法です。

      カンボジアの研修生の最新情報ならこちらを参考にしてください。

      2つ目が外国人研修生を受け入れる方法で、日本がカンボジアなどの発展途上国と特約し、研修生として迎え入れます。



      この際、カンボジアの学生達は、1年目に技能研修を目的にした「技能実習1号」として受け入れられます。



      2年目、3年目になると技能習熟を目的に「技能実習2号」として受け入れられ、実務経験を積んでいきます。
      カンボジアの学生は最長でも3年しか日本に滞在することが出来ないので、3年間の間にできる限りのことを学んでいきます。

      発展途上国の人にとって、日本などの先進国で働くことにより、現地で働く場合の何倍もの給料を手にすることが出来ます。
      また、発展途上国では技術が未発達なところが多く、母国に先進国の技術を持って帰りたいと考えている学生もたくさんいます。送り出す国によって、現地で数ヵ月間の研修を受ける必要があり、その費用を自己負担しなければいけないこともあります。
      かかった費用は日本に行った後に給料から返してもらう方法を選択する人もいます。

      このようにカンボジアの研修生は、日本に来て様々なことを学ぼうと意欲的です。

      しっかりとサポートし、企業にとっても研修生にとっても受け入れをすることがメリットになるように心がける必要があります。