今の日本を救うカンボジア実習生

  • カンボジアの研修生が社内に吹かせる新しい風!

    • 日本の高い技術力を、アジア近隣の新興国に伝えるというプロジェクトが広まってから数年が経ちます。若くて優秀な外国人研修生に日本の企業で数年間技術を学んでもらい、帰国後は母国のために貢献するという内容ですが、彼らは決して日本の企業から一方的に技術を教えてもらっているだけではありません。

      カンボジアの研修生の情報を提供中です。

      現在こういった研修生の出身国で、高い評価を得ているのがカンボジアです。

      毎日の忙しいルーティーンの中で、カンボジアの若者が日本の企業に忘れかけていた大切なものを教えてくれているとという声が上がっていることが、この高評価につながっているのではないでしょうか。

      そのわかりやすいひとつの例が「挨拶」です。1日の仕事の始まりにカンボジア研修生からの元気よく挨拶をされて、今日も1日頑張ろうと思えるという人はたくさんいます。



      また、彼らの素直で真面目に仕事に取り組む姿に、自己啓発を促されるという声も聞こえてきます。
      彼らに仕事を教えるために、自分の業務内容を今一度見直す良い機会にもなっているようです。

      このようにカンボジアからの研修生を受け入れた企業には、新しい風が吹き始めています。最初は外国人の研修生の存在に戸惑っていた社内の人々も、挨拶を交わす毎日の中で言葉の壁を乗り越えてお互いが相手のことを思いやるところから、協調性が生まれています。



      そして気がつくと社内全体が活性化され、それはやがて企業の大きな業績に結び付くのではないでしょうか。